お問い合わせ・ご相談はこちらへ 0570-07-1131 ※番号をご確認の上おかけ間違いのないようお願いいたします。
月別アーカイブ
カウンター
  • 総閲覧数147628
  • 今日の閲覧数687
  • 昨日の閲覧数268
  • 現在オンライン中の人数0

「七掛け人生」

広報委員の総務課・松澤です。

私が所属するNPO法人の福留強理事長(聖徳大学名誉教授)とは、理事長がかつて文部科学省に在籍されていたころから長年のお付き合いをさせていただいており、つい先日も浅草のNPO事務所で、久しぶりにお話をさせていただきました。

その福留理事長は、以前から「七掛け人生」を提唱しています。

実年齢に0.7を掛けて計算し、その年齢のつもりで考え行動しようということです。

現在60歳の方なら、0.7を掛けて42歳、70歳の方なら49歳という具合です。

何かを考える際に「もう〇〇歳だから…」とあきらめたりしていませんか。

いつまでも若い気持ちで考え行動しようとする気持ちは大切だと思います。

もちろん、身体の衰えは年齢を重ねるごとにどうしても避けられないことですので、行動するときに無理をしないことは言うまでもありません。

身体の声を聞きながら、気持ちはいつも「七掛け人生」で行きたいものですね。

ページのトップへ